ドクターYの開発者・吉木伸子先生のご紹介

eボーテ本店で取り扱っているドクターズコスメ「ドクターY」の開発者でもある
吉木伸子先生(よしき皮膚科クリニック銀座院長)のプロフィールをご紹介しています。

吉木先生の経歴

平成5年 横浜市立大学医学部卒業
平成5年 慶応義塾大学病院 皮膚科学教室に入局
平成6年 浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科勤務
平成8年 埼玉県大宮市(現さいたま市大宮町)のレーザークリニック勤務
その間、米国オハイオ州クリーブランドクリニック形成外科、
日本漢方研究財団附属渋谷診療所にて、美容医療および東洋医学の研修を行う。
日本美容学校皮膚科非常勤講師を兼任。

平成10年 東京銀座に『よしき皮膚科クリニック銀座』開業

現在は、レーザー、ケミカルピーリングなどの美容皮膚科学と漢方を取り入れた皮膚科治療を行うかたわら、多くのTV、書籍、雑誌などのメディアを通じて正しいスキンケア方法について語り、皮膚科医ならではの科学的な見地に基づいたアドバイスには、著名人をはじめとした多くのファンがいる。

正しいデイリーケア 吉木式簡単3ステップ

クレンジング
肌への負担を考えてクリームか乳化ジェルタイプを
スキンケアの中でもっとも肌への負担が大きいのがクレンジングです。肌への負担を最小限に抑えることが大切です。クリームタイプや乳化ジェルタイプは肌への負担が少ないです。使用量が少ないと肌をこすってしまい、角層を傷つける恐れがあります。適量を手にとり、やさしくなじませましょう。
またクレンジング量が肌に触れている時間が長いほど肌のうるおいは奪われます。メイクを浮かせて洗い流すまでをトータルで約1分を心がけましょう!
洗顔
余計なものが入っていない固形石けんがオススメ
いろいろな効能をうたう洗顔料もありますが、洗顔はシンプルな固形石けんで十分です。洗顔の目的はあくまでも皮脂などの汚れをしっかり落とすことです。クレンジング後はW洗顔するのが基本と心得ましょう。また、夜眠っている間にも皮脂は分泌されます。肌に残った皮脂は時間とともに酸化し、毛穴の開きやシワの原因となる場合があります。朝も固形石けんでしっかりと洗顔をしましょう。
美容液
保湿に最適なのはセラミド美容液
化粧水のあとに油分でフタというスキンケアをしている人が多いことと思いますが、保湿成分だけを与えるというのが新しいスキンケア。最強の保湿成分セラミド配合美容液で、しっかり保湿します。特に保湿力の高い「セラミド2」「セラミド3」配合の美容液を選ぶと良いでしょう。

吉木伸子先生の主な著書

吉木伸子先生のインタビュー

吉木伸子先生がお肌について書いている書籍

このページの先頭へ