あなたは正しくできていますか?デイリースキンケアをマスターする「クレンジング」

クレンジングは、遊び方や使い方によっては肌のトラブルをまねいてしまうこともあります。
まずは正しいクレンジングの方法をマスターしましょう。

メイクが落ちる仕組み

メイクがクレンジングで落ちる仕組み

① 肌にメイクアップ料がついている状態
最近のメイクアップ料は崩れにくく水をはじくので、水で洗い流そうとしても十分に落とすことができません。

② 油分で油汚れを浮かせ界面活性剤で乳化
メイクアップ料にクレンジング料の油分をなじませて汚れを浮き上がらせ、さらに界面活性剤で乳化します。

③ 乳化した汚れが水で洗い流せる
界面活性剤によって乳化した汚れは水になじみ、ぬるま湯で流せばきれいに洗い流せます。


クレンジングのポイント《まとめ》

肌への負担を最小限に抑える。
こするのも、拭き取るのも肌にとってダメージに。


▼クレンジングは以下にあげるようなポイントを守ることが大切です。

  • メイクがよく落ちればよいというものではない。肌への刺激を最小限に抑えることが大切
  • 比較的刺激が少ないのはクリームタイプか、乳化させた乳白色のジェルタイプ
  • クレンジングはすばやく豪快に、約1分で終わらせる
  • クレンジングはTゾーン→Uゾーン→目元・口元の順になじませる。
  • ポイントメイクは精製オリーブオイルで落とす
  • フェースパウダー(粉おしろい)だけを使用した場合は、クレンジングの必要はない

クレンジングはメイクアップ料の油性の汚れを界面活性剤の力を借りて落とすものです。
界面活性剤は、肌に少なからず悪影響を及ぼしますが、メイクを落とすためには必要なもの。だからこそ、クレンジング料の選び方やクレンジングの仕方が大事になってきます。
「肌がなぜだか荒れやすい」「すぐにカサカサしてしまう」という人はクレンジングに問題があるかもしれません。ご自身のクレンジング料やクレンジング方法を一度見直してみましょう。


クレンジングの知識をチェックの答え

【Q1】クレンジング料は、しっかり落ちるオイルタイプのものがよい。
【A1】・・・オイルタイプはメイクになじみやすいが、界面活性剤が多く含まれ、肌への刺激が強い。クリームタイプや乳化ジェルタイプがおすすめです。
【Q2】ポイントメイクは落とし残しがないように専用のポイントリムーバーを使うべき。
【A2】・・・専用のポイントリムーバーは洗浄力が強い分、肌への刺激も強いので精製オリーブオイルがおすすめ。
【Q3】ファンデーションを使わずフェースパウダー(粉おしろい)だけならクレンジングをする必要はない。
【A3】・・・フェースパウダーは油分が少なく、洗顔だけで落とすことができる。
【Q4】クレンジングのすすぎは、ぬるま湯がよい。
【A4】・・・冷たい水では油分が落ちにくく、熱いお湯では肌の乾燥をまねくため、ぬるま湯がよい。
【Q5】クレンジングは毛穴の汚れを取るためにマッサージをするように行うとよい。
【A5】・・・クレンジング料はお肌への負担になるので手早く洗い流すほうがよい。強くこすると肌への刺激となるので、こすりすぎはよくない。

ドクターYのクレンジング&クレンジングの入っているトライアルセット

クリームタイプのメイク落とし トライアルセット(3点) トライアル4点セット

お肌にやさしいクリームタイプのメイク落とし。すっきりメイクを落とし、ベタつきが残りません。

クレンジング・洗顔石鹸・保湿美容液の3点が入った約1〜2週間分のミニセット。

クレンジング・洗顔石鹸・エイジングケア化粧水・保湿美容液のお得な4点ミニセット。

クリアクレンジング トライアルセット(3点) トライアル4点セット

まずはお試し!選べるトライアルセット

お得な会員特典のご案内

PAGE TOP