お肌の老化防止には紫外線ブロック

なんとなく「紫外線は美肌の敵」とわかっていながら、うっかり日焼けをしてしまったり、UVケアを毎日していないという人も少なくありません。

紫外線の怖さは、肌の老化を早めることです。

きちんと対策をしていているか、していないかで5年後、10年後の肌が変わってきます。

紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素をつくり出しますが、それがうまく排泄されないとシミの原因につながります。また紫外線は真皮にまで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけることも。それがシワやたるみの原因です。
つまり肌の老化を進行させるのが紫外線なのです。正しいケアをして紫外線によるダメージを食い止めましょう。

曇っていても日陰にいても紫外線を浴びています。
UVケアは一年中必要です

紫外線のダメージは蓄積されて肌老化につながる

真夏の太陽がギラギラ輝くような日に外出するとなると、だれもが積極的にUV対策をします。
しかし、それだけでは十分ではありません。
紫外線は、冬でも空が曇っていても毎日降り注いでいます。UVケアは一年中、どんなときでも必要なのです。

日差しが強いと紫外線も強いとカン違いしがちですが、紫外線は暑くもまぶしくもありません。そのため浴びている実感がなく、うっかり日焼けしてしまうことが往々にしてあります。
そんなちょっとしたダメージがすべて肌に蓄積され、ある一定レベルに達すると、シミやシワになってあふれ出すのです。

こんなうっかり日焼けも着々と蓄積されています!

近所に買い物に行くだけだからUVケアはしなくてもいいや。
洗濯物を干すぐらいなら日焼け止めは塗らなくてもいいかな。
→ほんの短い時間、紫外線を浴びただけでもそのダメージは蓄積されていきます。
曇っているから帽子をかぶらなくてもいいや。
→曇っていても紫外線は雲を透過して地上に降り注いでいます。
今日は涼しいから日焼け止めを塗らずに外出しても大丈夫。
→紫外線は、暑さや涼しさと関係ありません。
室内だからとくに紫外線対策をしなくても大丈夫。
→紫外線A波にはガラスを透過する性質があり、室内でも窓際にいれば紫外線を浴びています。
日陰にいるから紫外線は浴びていないはず。
→紫外線はまっすぐ地表に届くだけでなく、空中で拡散したり、地面に反射したりもします。
日陰だから紫外線が届かないとは限りません。
長袖を着ているから紫外線は肌に届かないはず。
→長袖でもニット素材など目が詰まっていない服や薄手の白い服では
紫外線をさえぎることはできません。


UVケアの知識をチェックの答え

【Q1】日陰にいればほとんど日焼けはしない。
【A1】・・・紫外線のなかには、空中で拡散したり地面に反射したりするものもあるので、日陰にいても紫外線を浴びてしまいます。
【Q2 日焼け止めはSPF値とPA値のなるべく高いものを使った方が安全。
【A2】・・・値が大きければ紫外線防御の効果は高まりますが、その分肌への刺激が強く、肌荒れを起こすこともあります。また値が高くても規定量を守らなければ効果は薄れてしまいます。
【Q3】パウダーファンデーションをつけるとUV対策によい。
【A3】・・・パウダーファンデーションには紫外線散乱剤に似た紫外線防止効果があります。
【Q4】生理前は紫外線の影響を受けやすい。
【A4】・・・ホルモンバランスが変化し、生理前や生理中は紫外線に敏感になります。
【Q5】日焼け止めは薄くムラなく塗るとよい。
【A5】・・・日焼け止めは薄すぎて規定量より少ないと日焼け止めの効果が落ちます。

ドクターYのファンデーション&フェイスパウダー

練り状ファンデーション フェイスパウダー プレストパウダー

なめらかな使い心地で自然なカバー力のある練り状ファンデーション。紫外線吸収剤不使用で有害な色素を含まないノンケミカル処方。

軽い&サラサラのつけ心地のルースパウダー。特殊技術で色素が直接お肌に触れないので敏感肌・ニキビ肌の方にもおすすめ。

皮脂や汗などを吸着するミクロの穴があいており、化粧崩れしにくく、きれいな仕上がりを長時間キープ。携帯に便利なプレストタイプ。

スキンフィット
(SPF25 PA+++)
パーフェクトパウダーセット
(SPF15 PA++)
クイーンズクリアパウダーセット
(SPF18 PA++)

PAGE TOP