皮膚科医 吉木伸子先生が開発したスキンケア化粧品ドクターY

《新発売》さっぱりタイプのセラミド保湿美容液が発売になりました

吉木伸子先生のお肌と体のビューティーレッスン動画

あぶらとり紙
1枚でもしっかり吸脂できる大判サイズ
あぶらとり紙(1冊30枚×5冊セット)
1,980円 18ポイント
商品番号
DRY021
内容量
1冊30枚×5冊セット
通常価格
1,980円(税込)
数量

定期購入がお得!

特典1:通常価格から5〜10%割引
特典2:すべての商品が毎回送料無料

定期購入の詳細はこちら

この商品について

伝統的な金箔打紙製法により、1枚でも十分に吸脂できるほどの吸着性を実現しました。

詳細

格子目麻和紙・金箔打紙製法

商品QQ&A

皮脂はティッシュでオフすればいい?
ティッシュペーパーは繊維でお肌を傷つけてしまったり、お肌に残った繊維が刺激になる場合もあります。皮脂はあぶらとり紙でやさしくオフしましょう。
皮脂が浮いてきたらこまめに洗顔するのがいい?
一日に何度も洗顔すると、皮脂のとりすぎになり、それを補うために余計に皮脂が出すぎることもあります。あぶらとり紙でやさしく余分な皮脂をとりましょう。

吉木先生のコメント

毛穴とニキビが気になる人は、あぶらとり紙で皮脂対策を!
あぶらとり紙で、皮脂をとりすぎることはありません。「とりすぎると肌が乾燥してよくない」という声があるようですが、あぶらとり紙ではとりすぎることはありません。
皮脂は油すなわち液状のように思われがちですが、そうではなく、一部はワックスというロウのような物質で、つまり固体です。
あぶらとり紙でとれるのは液状の部分のみで、固体の部分は当然残り、これが肌の表面をおおって肌を守ります。
何よりも、皮脂を放置すると、お肌にいろいろなダメージを与えます。
お肌の表面に分泌された皮脂は、時間がたつと酸化されて、過酸化脂質に変わります。これが刺激になってニキビができたり、また、お肌の老化を促進します。皮脂を放置すると毛穴がより広がっていき、さらにそれがつらなって シワになっていくことが実験で確かめられています。
美しい肌のためには、皮脂は適度にとったほうがよいのです。 ただし、一日に何度も洗顔すると、皮脂のとりすぎになり、それを補うために余計に皮脂が出すぎることもあります。
また、ティッシュでとるという人もいますが、ティッシュの繊維が肌に残って刺激になることがあります。
皮脂は、なるべくあぶらとり紙でとりましょう。
吉木伸子先生プロフィール

この商品を見た人はこんな商品も見ています

スキンケア・商品についてお悩みの方は
こちらをご確認ください。
スキンケアについてのよくあるご質問